読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安永の柳

ITリテラシーの向上とともに、いつでもどこでも検索ができてしまいます。交際相手を探そうと思った時、ネット上の結婚情報サイトで探す事ができます。それと、ひと時の恋の相手を見つけたい場合は、出会い系サイトがあります。友達同士の連絡手段としてはLINE(ライン)がとても活躍しています。ですが、婚活や出会いが手軽になった反面、良くない事も増えてきています。好奇心で入会した出会いのサイトで、不倫関係にまでなってしまったり、結婚情報サービスを信じて、経歴詐称の相手に関わってしまう事もあります。
Webの張り巡らされた現在、簡単には探れない事といえば"今"の他人の行動です。政治家や社長さんの中には、時間経過とともに活動内容を公開している方々もいるようですが、余計な事までは公表しないでしょう。本人としては秘密にしておきたい事までとことん調べてあげてくれる存在が、探偵社です。
探偵事務所/興信所への相談で増加しているのは、浮気調査、不倫調査です。自己責任なら何でも良しという考え方によって不貞行為への罪悪感が薄れた事に因りますが、ケータイやスマホの普及により内密の通話が簡単に出来るようになった事が挙げられます。その昔は妻が浮気調査を頼む事が多かったのですが、このごろは夫が妻について調査依頼するケースも増えています。これはネット上で主婦も手軽にできる出会い系サイトの影響があるのではないでしょうか?出会い系で何通もメールをもらう事で舞い上がってしまう女性も多いと聞きます。
昨今、興信所や探偵に依頼したいという需要は高まっているのに、問い合わせすらしない人も多いです。それは、興信所や探偵の事を正しく理解していないからだと思います。私たちは何かサービスを受けたりすると、身近な人にそれを教えたりします。もしも探偵事務所や興信所に行ったとしても、それは黙っているかもしれませんね。一度も利用する事なく人生を終えても不思議はありません。そのためテレビなどに登場する探偵像を鵜呑みにして、怪しい存在に見られているのだと思います。
婚約する時期に相手を調べる事は悪いことではありません。同じ地域の出身、同じ会社、友人ぐるみの付き合い等から発展する結婚はあまり心配いりません。でも最近流行りのインターネットで知り合ったカップルの場合など、現在の表面的な部分しか見えていません。その為、実際の自分とは違う姿に見せる事も出来るのです。この詐欺まがいの行いを見つけるのが興信所や探偵事務所です。無職なのに勤務先を元居た会社の名前にしていたり、ひどいのは、既婚なのに未婚と申告している者もいます。このような場合、最初は住民票などの入手から調査はスタートします。さらに必要に応じて張り込み、尾行なども行います。





ソウシチョウのポチ日記